2016/5/28〜29
1日目 長野〜戸隠〜鬼無里 



ダイボウ2


1日目 長野駅ー(県道76)ー芋井ー戸隠(宝光社)ー大望峠ー鬼無里 西京(むろが荘泊)
2日目 鬼無里 西京ー嶺方峠(白沢峠)ー森上ー白馬駅ー神代ー姫川源流ー旧佐野坂峠ー青木湖ー中綱湖ー木崎湖ー信濃大町駅

参加者/車両
noririnさん/ チネリ スーパーコルサ 島ニョーロ?仕様
wakaさん /クラシック ビチューアルミ クロス ツーリング仕様
aramasaさん/カラミータDue STI仕様
aiz/Holks クラブモデル風ツーリング

DSCN1007

































DSCN1013




=============================================



 


 

久々の輪行での遠征ツーリング、長野駅前に9:30集合
少し前に改装された長野駅は駅前の歩道や広場も広大かつ綺麗、輪行解除も快適に行えました。

軽くブリーフィングを行いスタート駅周辺は結構な都会ですが15分程走ると緑が多くなってきます。
峠道に入る直前のコンビニで補給を行い交通量の多いR406から県道76号に折れ静かな集落の中の道を登り始めます。 


DSCN1008
 
市街地から30分程走るともう周りはこんな長閑な風景

交通量も少ないのでお喋りしながら休み休み標高を稼ぎます。
国道406号だと最短で鬼無里まで行けますが1列で黙々と走ることになるので
 トレーニングではなくツーリング(旅)なのでこういったシチュエーションで走れるということは大事です。

 
DSCN1010


眼下には裾花川沿いに登るR406が見えます。
地元のローディーさんはR406で峠を越え白馬ー神城ー 小川村ー中条経由で長野市街に戻る方が多い様ですが我々はのんびり鄙びた道を味わいながら行きます。



小一時間走ると一応長野市内ではあるもののこんな看板も出現します。
近年餌不足と繁殖過多で市街地まで出没することも多く我々も熊鈴装着で走ってましたが、、、


「熊 出没注意!」の看板の前ではしゃぐ?メンバーの背後には!!!

BlogPaint
 

と、いうのは冗談ですが(笑)本当に結構市街地周辺でも目撃例が多いので注意が必要です。
(画像加工がヘタなので直ぐにバレますね)


県道76号のピークでは戸隠山が目の前に迫ります。


0-5 


























ピークを越えると戸隠です。戸隠といえば「戸隠蕎麦」蕎麦畑があちこちに、、、
0-6





坂も登ってお腹が空いてきました。昼飯はもちろん?蕎麦です。(幹事主観)


DSCN1018




























昼食は手打蕎麦「山笑」


DSCN1019




























戸隠といえば二八のつるっとした喉越しの良い麺をボッチ盛りで供すスタイルが多いのですが
ここは十割蕎麦で喉越しより香りや風味に拘る戸隠随一のお店 (幹事の好みです。ゴメンナサイ)


DSCN1023


ゆっくり信州蕎麦を堪能して戸隠山をバックに記念撮影
もう一寸戸隠山が綺麗に見えていたら良かったのですがガスっています。


BlogPaint
 





























戸隠宝光社で左に折れ第二のピーク「大望峠」に向かいます。



DSCN1031





























途中谷を横断するので登り返しがありますが軽く汗をかく程度で「大望峠」に到着。
後は鬼無里まで爽快なダウンヒルのみです。

BlogPaint



午前中〜お昼だと、戸隠山の特徴的な岩肌がくっきりと見えるのですが残念ながらシルエット状態です。
空気が澄んでいると西の方に北アルプスも望めるのですが雲が出てしまって見えません。

それでも皆さん楽しそうで少し安心しました。


BlogPaint
 

大望峠〜鬼無里間の爽快なダウンヒル

DSCN1046

 





























DSCN1047




























鬼無里にてまたまた休憩、信州名物「おやき」で有名な「いろは堂」さん!
ここは今の自転車ブームになる前からツーリストが立ち寄ったサイクリストには有名な「おやき」屋さん。
今ではローディーの方も立ち寄り店の横にはバイクスタンドも設置されています。


0-9



DSCN1049 




























ここの「おやき」はちゃんとに表面がキツネ色にカリっと焼かれており皮が香ばしくて美味しい!
(名前は「おやき」なのに蒸しただけのモノも多い)


さて今日の宿「むろが荘」はもうすぐ!
集落最終商店で部屋吞み用のおつまみを買い込み宿へ


BlogPaint


CR2C(チャムツーリングクラブ)では過去2度程利用していますが10年近くご無沙汰で
今回は自分以外のメンバーは初めてのことでした。

ちなみに70〜80年代から自転車を愛好する古典サイクリストにも人気がある昔ながらの民宿です。



BlogPaint


決して旅館の様に豪華な食事ではありませんが地元の食材をふんだんに使った心尽くしの夕食
山の中の宿で変に刺身や肉を無理に出されるよりずっと嬉しいメニューなのです。


この後買い込んだつまみで宴会と思いきや久々の峠越えを含むクラブランだったせいか?
裏の田圃のカエルさんの鳴き声をBGMに早々と就寝モードになってしまいました。(^^;;



さて、明日はツーリング派サイクリストの聖地中の聖地「嶺方峠」(白沢峠)です。
あの素晴らしい展望が望めるか天気が心配です。


0-16



5月29日 (2日目) 鬼無里〜嶺方峠〜白馬〜信濃大町 につづく
================================