梅雨に入り、肌寒い天気が続いていましたが、サイクリング当日は、幸運にも曇り、最高気温22℃とまずまずのラン日和となりました。
  集合場所の田園都市線、江田駅の広場には自慢のレーサ、ランドナ等を携えた、7名のクラブ員が集まりました。ベテランクラブ員に最後尾役をお願いし、東京都世田谷区の駒沢公園を目指しました。途中、車の多い国道246号をなるべく避け、交通量の少ないルートを選びながら、アップダウンの多いルートを走りました。 

■実施日: 平成30年 6月17日(日)
参加者: 7名
コース: 田園都市線、江田駅-あざみ野-たまプラーザ-土橋-宮崎台-国道246号
    -二子玉川-瀬田-駒沢-駒沢公園(ランチ)-深沢-小鳥カフェ(休憩)-尾山台
    -多摩堤通り-丸子橋渡る-多摩川を上流に向かう-登戸(二ケ領せせらぎ館で休憩)
    -長尾橋-平-犬蔵-たまプラーザ-江田駅
集合場所:田園都市線 江田駅
集合時間:午前9時20分、9時30分出発
所要時間:6時間
走行距離:約50km

20180617

 車列は多摩川にかかる二子橋を渡り、父の日でデパートの駐車場待ちの車の列を横目で見ながら東京に入る。
 旧、東急玉電が走っていたルートに沿って走り、地下鉄、桜新町駅付近では、サザエさん一家の銅像に挨拶し、その先にある歴史的遺産、駒沢給水所に立ち寄る。この建物は、1923年に建てられ、独特の意匠と、街のシンボルとして地域住民に愛されていることが評価され、平成24年度の公益社団法人・土木学会の土木学会選奨土木遺産に選ばれている。敷地内には入ることが出来ないので、門の隙間から古い建物を垣間見た。

 近くのコンビニでランチを調達し、住宅街の中を進み、予定どおり11時過ぎに駒沢公園に入る。公園のベンチで早めのランチをゆったり楽しむ。今日は休日のため、公園には多くの家族連れが来園し、賑わっている。
 ランチの後、自転車談義も一段落したので、公園内を一周し、12時過ぎ、公園を後にして南下。途中、今回参加したクラブ員の友人が営むカフェに立ち寄り、美味しいスペシャルティコーヒーを堪能する。その後、多摩川の玉堤通りに出て、丸子橋で多摩川を渡り、Uターンして多摩川のサイクリング道路で登戸を目指す。

 河川敷には休日とあって多くの人がBBQを楽しんでいた。14時に休憩地点の二カ領せせらぎ館に着く。疲れが取れたところで、ゴールを目指し走り始める。(14時30分) 
 生田緑地の峠を越え、さらにアップダウンを走り切り、ほぼ予定通り、15時30分、ゴールの田園都市線江田駅に戻り、解散する。

 今回のランは、距離の割に時間がたっぷりあったため、ランチや休憩時に自転車談義に花が咲いた。また、パンク等のトラブルもなく参加者の協力のおかげで、予定通り進める事ができた。